メールに慣れてきたら電話に挑戦

テレフォンレディ

メールレディに慣れてきたら音声通話に挑戦してみましょう。
音声通話とは、ネットサーバーを介して男性と電話をできます。そのためあなたが普段使っている電話番号が、相手に知られることはありません。
さらに音声通話の魅力は、何よりもメールよりも稼げるという点です。
常連客ができた、何回もメールしてくれる人がいるという人ほど男性を音声通話に誘うのをオススメします。

常連客を音声通話に誘ってみる

メールをしてきて、常連客ができたという人は男性を音声通話に誘ってみましょう。
メールだけであなたと何度もやりとりをしてくれている男性は、あなたへの好意が爆上がり状態。さらに男性は意中の相手となると、かなり甘くなります。
男性の中には、好きなメールレディと何かを話しているわけでもないのに電話を繋ぎっぱなしで貢いでいるという人もいるのです。
もちろん通話が繋がっている状態だと、そのままお給料に直結するのでそのような男性を探し出せたらかなりラッキーといえます。

あなたに常連客ができたら、そのまま思い切って音声通話に誘ってみましょう!

通話の方が稼げる理由

なぜメールよりも音声通話を推すのか。それはもちろん報酬に違いが出てくるからです。
メールレディのメールだけのやりとりだと、1通の受信数ごとに収入が計算されていきます。しかし1通20~40円が相場なので、かなりのやりとりをしないといけません。

しかし音声通話は1分ごとに収入が加算されていきます。これを分給制度といい、1分ごとに収入が発生するのです。
音声通話の相場は、40~80円です。スタートが40円なので、5分しか続かなかったとしても200円稼げちゃいます。

通話のする時のコツをチェック

「男性と何を話せばいいの?」「どう反応していいのか分からない」と不安に思っている人もいるはず。
しかしそこまで不安に感じる必要はありません。日常生活で男性と話しているように、ありのままのあなたの状態で会話してOKなのです。

相手の名前を何度も呼ぶ

音声通話をしている時は、まず相手の名前を確認しましょう。
「メールの時みたいに〇〇さんでもいいですか?」
「なんて呼んだらいいですか?」
とサラっと聞いてあげましょう。男性の中にはメールの時とは、違う名前で呼んで欲しい人もいるのできちんと確認してあげるのが得策です。
名前を確認したら、会話中にさりげなく何度も名前を呼んで「あなたと話しているんだよ」と意識させてあげましょう。

聞き手になる

よく「女性は話し手、男性は聞き手が理想」といわれていますが、メールレディの世界では逆です。
もちろん完全に相槌だけうって欲しいというわけではありません。質問&相槌を繰り返して、聞かれたことにはきちんと答えるといった手法を使いましょう。
男性の中にはおしゃべりが上手な人もいるので、楽しく「うんうん」と聞いてあげるのが利口といえます。

オーバーリアクションする

音声通話では、お互いの顔が見えません。これは普通の電話でも同じですよね。
そのため声でリアクションするのがとても重要といえます。
男性が話していることに対して、ただの棒読みで対応していると「面白くないのかな?」と思ってしまいます。
またただリアクションだけしていると胡散臭くなってしまうので、リアクションしつつ質問する方がいいのです。

「へー!そうなんだ!でも〇〇って〇〇じゃなかったけ?」という風に反応するだけで、男性は「俺の話ちゃんと聞いてくれてたんだ」と感激してくれるはずです。