アタックメールは重要です

アタックメールを送信する

「メールレディを始めてみた!」
「ここから何をすればいいの?」
「いくら待っても男性からメールが来ない」
このような経験ありませんか?
メールレディというお仕事は、男性から自動的にメールが送信されてくる職業ではありません。
自分からアタックしないといつまでたっても、男性はあなたに振り向いてくれないのです。
「メールをするだけ」とはいえ、あくまでもきちんとしたお仕事なので能動的に行動しましょう。

男性への営業メール

アタックメールとは、女性(メールレディ)から男性へメールを送信することを意味しています。
そのためなかなかメールが来ないなと、いつまでも受け身態勢で健気にメールを待つのはやめましょう。
お仕事をしている女性は、どのサイトも何万人という人がいるので男性もあなたを見つけきれません。その時に役立つのがアタックメールなのです。
男性から返信メールがもらえるような文面を送信することで、男性の気を惹きより多くのメールラリーを目指します。
メールをする回数を増やすと、そのままあなたの収入に直結するのでやりがいもありますよ。

アタックメールのコツをチェック

アタックメールは、ただ「こんにちは♪メールしてください」といった内容を送信するメールではありません。
男性はメールの返信にお金をかけているので、可愛げのないメールには反応してくれません。しかも毎日違う女性からメールを貰っているので、あなたの一言メールでは反応してくれない可能性の方が高いといえます。
ではどのようにして、魅力的なメールを送信すればいいのかをチェックしていきましょう。

文章中に相手の名前を入れる

メールの内容がついつい長くなりがちな人、またはどう頑張ってもこれ以上長くは書けないという人でも文章中に相手の名前をさりげなく入れましょう。
ここでは名前を入れなかったバージョンと、名前を入れたバージョンをチェックしていきましょう。

〇名前がないバージョン〇
こんにちは♪メールする時間があれば相手して欲しいです。彼氏がいなくて寂しい…。

〇名前があるバージョン〇
こんにちは♪〇〇さんのことが気になっていました。メールする時間があれば相手してほしいです。彼氏がいなくて寂しい…。

あなたなら男性からメールをもらう時、どちらの方がドキッとしますか?
もちろん名前があるバージョンですよね。
これは男女共に同じ気持ちを感じます。そこをうまく利用して、アタックメールでは相手の名前を入力してからアピールしましょう。

短文は無愛想に見えるのでNG

いきなり知らない人から「ひま!メールしよう」と受け取っても、困ってしまいますよね。
それはメールレディとメールしている男性も同じ。
さらに短文のメールは無愛想な印象を与えてしまいます。男性によっては、手抜きに感じる人もいるのであまりおすすめできません。

初めての相手に送信する際には、自己紹介も兼ねて「メールしたいです」というアピールをしてください。
また同じ人に送信する場合には、かならず内容を変えてからメールしましょう。

一斉送信を駆使する!

メールレディ専用サイトでは、一斉送信の機能があります。
この一斉送信とはもちろんアタックメールに使える機能なのです。サイトによって1日で送信できる数が違うので、登録する前に必ずチェックしておきましょう。
一斉送信できる数は低くて100、多くて1日に500通送信できるサイトもあります。

何度も送信しない

アタックメールを同じ人に送信するのは、2~3回に一旦留めておきましょう。
3回目でも返信がなかった場合、男性はただ単にあなたに興味がないか仕事で忙しいのかもしれません。
大体は前者なので、あまりしつこく送信しないのが得策といえます。
興味もないのに何度も送信されると、少しうっとおしく感じてしまいますよね。
それは男性も同じなのです。
何度も送信しないようにしておきましょう。